保険のお勉強|保険会社側からみた保険の種類

この記事は約2分で読めます。

保険には大きく3種類あります。
・第1分野:「生命保険」
・第2分野:「損害保険」
・第3分野:第1・第2のどちらにも属さないもの

第1分野の生命保険は、基本的に、死亡した場合に保険金が支払われる保険です。
最近では、重篤な障害や病気になった時でも保険金が下りること(リビング・ニーズ特約)もありますが、基本的な考え方は、
保険に入っている人に何かあった時に、のこされた人たちに支払われるもの
です。

ですので、自分がいなくなった場合に困る可能性がある人たち・・例えば、家庭の収入を賄っていたり、最後に子どもや親友へ想いを託したり、、そういった状況でない場合は、基本的に入らなくてOK、なんて言われています。
さらに、そういった人たちがいるとしても、十分な貯え(銀行預金や金融資産)がある場合にも、やはり入る必要はない場合が多いです。

すぐに死ぬことはないかな、という人も入らなくていいと個人的には思いますが、、
一方で、お葬式代くらいは備えておきたい、という気持ちで、安めの保険に入るのもありだと思います。

第2分野の損害保険は、火災保険・自動車保険・地震保険・海上保険など、ものに対する保険です。
必要に応じて入るもの、だと思います。余談ですが、保険においてものは補償、人は保障です。

車を買えば、自賠責だけでは心もとないですし(相手が高級車の場合なんて考えると怖いです。。)、
家を買うなら火事や泥棒にも備えておきたい、なんて感じで。

クレジットカードについている海外旅行保険、なんてのも意外と便利です!
空港で、少額で入れるので。スリこわいです。

第3分野は第1分野と第2分野の中間的な保険です。
医療保険・介護保険・ガン保険・傷害保険等があります。

ちゃんと区別するのであれば、
第1分野は生命保険会社、第2分野は損害保険会社しか扱えませんが、
第3分野はどちらの会社でも扱える、という感じです(ですので、中間です)。
例えば、医療保険であれば、アフラックもソニー損保も販売している、といった感じで。

いろんな会社が扱えるので、価格競争になりがちです!おとくです!!
価格競争できない企業は商品に特徴を持たせるので、幅広く検討できます。
がん家系であればがん保険を、ピンピンコロリしそうにない・しない可能性を憂慮する方は介護保険を、
それぞれ検討なさるのがよろしいかと思います。

備えあれば憂いなし。
将来に悩む時間を節約する意味でも、入るかどうか悩むぐらいなら相談するか入っちゃえばいいと思います(・-・*)