電力自由化で変わること、変わらないこと。

この記事は約4分で読めます。

2016年4月から、電力の小売りが自由化されました。

・・これまでは、【不自由】だったわけです。

例えば関東の電気であれば、東京電力、以外の選択肢はありませんでした。

関西であれば関西電力、中部であれば中部電力、といった企業が、地域の電気を独占的に供給/販売してきたわけです。

この記事では、既にお茶の間に浸透したといっても過言ではない電力自由化について、変わったこと、変わらないことをまとめました。

変わること

変わること① そもそもどんな会社を選べるの?

DSC_0324

200社以上の電力会社から、値段やセット、発電方法など、自分に合った電気(電力会社)を選べるようになったのが電力自由化です。大きく分けると、

  • ガス関連会社(東京ガス、大阪ガスなど)
  • エネルギー関連会社(eneosでんき(JXTGエネルギー)、昭和シェル石油など)
  • 通信関連会社(auでんき、softbankでんきなど)
  • 運輸・旅行関連会社(東急でんき、HTBエナジーなど)
  • ほか(Looopでんき、丸紅新電力など)

のような、多様な産業からプレイヤーが集まっています。

ポイントを貯めたいので楽天エナジー、自然エネルギーを使いたいからグリーナでんき、まとめて支払いたいから大阪ガス、ガソリン代を割り引きたいからeneosでんき・・など、自由に選ぶことができます。

変わること② 電気料金は?安くなるの?

電力自由化で、競争が生まれました。

FIT制度による太陽光や木質バイオマス発電の優遇、エネルギーや流通関連業者の発電への参入・・・

既存電力会社から顧客を奪うために、最もわかりやすいのは”電気料金”です(・-・*)

例えば、東京電力管内のeneosでんきや東京ガスは、東京電力から切り替えることで10,000円/年以上安くなる、なんて謳っています。

守る側の東京電力は電気料金プランの見直しやプラン変更によるポイントプレゼントキャンペーンなどを実施しており。。

多くの場合、電気料金が安くなる、ことになります。

先に電力自由化が起こったイギリスでは逆に電気料金が値上がったり、正しいプランを選ばないとかえって損したりと、罠はいくつかあるのですが・・

電気料金が安くなったところで、トータルの固定費が減らないことにはお金が浮きません(*´;ェ;`)

電気代を安くするのと合わせてガス代も安く、トータルの光熱費を最安値に抑えましょう。

変わること③ サービスは?リッチになるの?

もちろん料金を値下げし続けていずれゼロになる、なんてことはないわけで、
差別化の別軸に、サービス、が出てきます。

東京ガスと東京電力はお互い似たようなサービス、ガス機器トラブルサポートや電気トラブルサポートを実施、トラブル時の修理費や駆けつけサービス料を無料にしています。

・・とは言え、トラブルなんてめったに起こらないと思うのですが・・・。

また、鍵や水回りのトラブルにも無料で対応してくれるようです。
が、これもめったに起こらないような・・・。

変わらないこと

変わらないこと① 電気の質は?供給が不安定になるの?

どの事業者と契約しても、電気を送る電線や設備は地域の電力会社の設備を使い電気が家庭に届けられます。万一契約した電力会社の発電量が不足した場合は地域の電力会社が不足分を補う仕組みのため、停電になったり供給が不安定になったりすることはありません。

ちなみに、お金を払う電力会社の電気が家に届くのではなく、電線に流れている電気から家に必要な分が届く&届いた分の電気量は電気代を支払う電力会社が作っているだけなので・・例えば、クリーンな電気を使いたい、と思い電力会社を切り替えても、クリーンな発電源からの電気を家で使っている、とは限りません(・・;)

お金を払うことで応援していることにはなるので、意味がないわけではないのですが・・・・。

変わらないこと② 特殊な機材を買わないといけないの?

答えはNoです!

詐欺にあわないようにお気を付けください。

電力会社を切り替える際に、電気の使用量を図るメーターをスマートメーターに変更する必要がありますが、すべて電力会社が(ある種勝手に)やってくれます。

スマートメータ―:検針員さんが目盛りを確認する必要なく、オンラインで使用量を確認できるようになったメーター。”スマート”家電のスマートと同じ使い方で、ネットにつながっている、程度の認識で大丈夫です(ネット代は電力会社が回線事業者に支払っています)

電力自由化で変わること、変わらないこと、いかがでしたでしょうか。

使う側からすれば、さほどデメリットなく値下げされるので喜ばしい限りかと思います。

電気料金が値下がりするのはもちろんですが、今の電力会社から切り替えることでかえってガス代が値上がり、トータルで光熱費が安くならない場合も存在します。

ガスと電気、同時に料金シミュレーションをし、あなたにとっての最安プランを探してみてください。