デスクトップの整理整頓|Fences

この記事は約2分で読めます。

リモートワークの悩み

ぐっちゃぐちゃのデスクトップ、そこまでいかないまでもファイルの並び順で毎回苦労なさっている方、・・楽に、整理したいと思いませんか?

ファイルの整理はデスクトップではなくドキュメントフォルダで、とか、Onedriveでちゃんとやりましょう、とか言われたところで、ローカルストレージの全部見えるところ=デスクトップの使い勝手が良すぎるので、なかなか難しいかと思います。

そんなときの頼れる見方、”fences”をご紹介します。
使ってみると・・↓↓↓

部屋や棚の整理の達人について見てみると、100均グッズだったりDIYグッズだったり、何かしら道具を使ってきれいに整理整頓してますよね。

PCのデスクトップだってそれと同じで、整理する箱を用意してあげることで、ファイルがきれいにしまえるようになるわけです。

Fencesについて

シェアウェアとして販売されるようになりましたが、まあお金は使いたくないわけです。
ですので、フリーソフトのFencesをご紹介します。

ダウンロードはこちら

ファイルはVer.1.01がダウンロードできていた当時の物を無加工で上げています。
そのため拡張子が実行ファイル(.exe)となっており、OSやセキュリティソフトの警告が出る場合があります。その場合は自己判断にてお願いします。

Fencesでできることは、
➀箱を作り、その中にファイルやフォルダを整理整頓すること
②ショートカットを作り、ショートカット先の中身を表示すること
の大きく二つです。

➀と②の違いは、ファイルがどこにあるか、です。

➀はデスクトップ上にファイルがあるため、ぐっちゃぐちゃのまま整理できます
②はファイルやフォルダがどこにあってもいいため、整理されたドキュメントフォルダ内の一部のみを表示したり、ローカルに同期させたOnedriveやBoxの中身を表示したりできます。

➀の方法はファイルをアーカイブ(昔の仕事や古いバージョンなどの保管)する際に不便なため、おすすめは②です。

整理整頓ツールFences、ぜひおためしあれ。