婚活失敗談|逆ハーレムの勘違い

この記事は約3分で読めます。

会員登録した直後、婚活に限らずどんなサービスであっても、
有料会員になってくれたんだから最初はサービスするよ。
あるいは
有料会員になってくれたら普通は有料会員のプレミアム会員しか使えないこんな機能も試せちゃうよ

そんなことが起きているかと思います。

今回は、そのプレミアム機能を舐めていたお話です。プレミアム凄い!!

新人の時のメリット(可愛がり・・?)

会員登録したての頃は、”新人会員”&”プレミアム会員”という扱いになります。
ですが、私自身はそんなに申し込みがくることもないだろうと思い、お見合い申し込みは全て仲人さんのチェックなしで通していただくようにしていました。

新人会員の方は文字通り、新人さんコーナーに写真が載る、というただそれだけのもの・・ではありません。
もちろん、新人コーナー(過去7日間)に載ります。それはそれでインパクトが大きいそうです。
ですが、それ以上に、何かしらの条件で検索をかけ、登録順で並び替えた時にファーストビューないし上の方に掲載されるのが大きなメリットです。

しかも、新人のうちは頻繁にログインすると思いますので、ログイン順でも上の方に出てきます。その際、写真にはNewの帯がつき、他の方の写真よりも目立つ仕様になっています。

基本的に、アプリ上から見られる情報では、”いつ登録したのか”を判別することはできません。
相談所に登録してどれくらい経ったのかわからない・・もしかしたら1年以上婚活しているかもしれない人と、1週間以内に登録したことがわかっている人、さぁどちらと会いたいですか?という風に考えれば、新人人気も頷けるかもしれません。

ブースト機能?(プレミアム会員)

新人登録すると同時に、本来は有料であるプレミアム会員の無料体験もさせてもらえることになります。
プレミアムを体験するか選べる、というよりは、強制的にプレミアムになる、といった感じです。

プレミアム登録のメリットは4つあります。
クリティカルなものは、
・検索結果で、より上位に表示される
・お見合い成立されやすい人一覧に表示される
・みんなのフォトを閲覧できる
あたりでしょうか。

露出量が増えればクリック量も増えて、結果的に申し込み量も増える、という量の考え方です。
質は・・量が増えれば質が高いところもきっと増えてくるかと!

婚活サイト側の戦略としては、プレミアム登録することでお見合い申受件数を増やし、最初から躓かないようサポートする、四ヶ月くらいしてもうまくいかない人に再びプレミアム登録してもらうための下地を作る、などの思惑がありそうですが・・

失敗の原因と教訓

要約

新人登録効果・プレミアム登録効果をよく考えず、お見合い申し込みを全て自分で”お受けする/お受けしない”を判断するようにしたところ、3日で100件以上のお申し込みが来た。
お申し込みの中には、宗教家や20歳以上年上の方など、こちらの条件をがん無視したものも相当数あった。

原因

プレミアム機能を過小評価していたこと
仲人さんの助言(とりあえず年齢が希望街の人はこちらで却下しましょうか?というもの)を無視したこと

教訓

プレミアム機能は超すごい。真剣交際がうまくいかなかった時のブーストとして有効。
仲人さんの助言は真摯に受け入れること。基本的に味方なので。

婚活
ちょっとだけ、頑張ってみた。