SOKUDAN|リモートワーカー認定試験

この記事は約5分で読めます。

フリーランスとして活動するにあたり、もちろんこれまでの人脈からの仕事が中心ではあるのですがが、チャレンジしていきたく、さまざまなフリーランスプラットフォームに登録しています。

そのうちの一つ、SOKUDANで、リモートワーカー認定試験なるものに合格しました。

試験内容、公開します。
事前の勉強が必要かどうかは謎ですが・・・

設問&回答例一覧

設問1.下記のうち、仕事上で「1年以上利用した」経験のあるツールを選んでください。

使ったことがあるものをただ答えていくだけです。
では使ってみてください、といわれるわけではないのですが、嘘をつくのはちょっと違うかなと。

設問2.下記のうち、仕事上で利用した経験のあるツールを選んでください。

こちらも経験を問われています。
タスク管理ツールなど、主にエンジニアが多用するものが多いです。
個人的に使っているBitrix24がなくて残念です・・。

設問3.過去3年以内にリモート業務がメイン(80%以上)の仕事をした経験をお答えください。

経験を問われていて、設問4で直近の案件一つについて聞かれます。
わたしは3-5件と答えて合格したので、件数自体が問題になるわけではないかなと思っています。

設問4.直近で請け負ったリモート案件についてお答えください。

具体案件について簡単に書く必要があります。
例にある通り、どんな企業規模の、どんな案件で、どの程度の頻度、何をしていたのかを書けばOKです。長々書く必要はないかなと。

SOKUDANで受けやすい方向性の案件の話を書くのがいいと思っています。スタートアップ関連×SaaSはてっぱんです。

職種も様々選べます。

設問5.リモートワークにおいて、気を付けていることや、取り組んでいることを「すべて」お答えください。

すべて、といいつつ自由記述です。書くべきポイントは、対面コミュニケーションとの違いがメインです。

・温度感や空気感を良好に保つため雑談/アイスブレイクを重視
・報告や相談、資料確認などのコミュニケーション頻度を上げ期待値とすり合わせる
・チャットコミュニケーションがメインとなるので返信スピードを上げる
・仕事していることを可視化、安心してもらうためこまめに報告をいれる

などです。

設問6.リモートワークで仕事を受ける際、適切な対応方法を下記より「すべて」選んでください。(複数回答可)

選択肢がファジーだったりしますが、正解があるやつです。

上から2つ目、チャット2日以内は(2日以内ではあるものの2日を目安にという意味だととらえて)遅いのでNG

上から5つ目・6つ目・下から2番目・一番下はリモートじゃなくてもNG

最後の質問です。以下のリモートワークで発生しやすいケース問題を読んで、問題に答えてください

①問題点と要因②対策案ですが、

あなたは、ソクダ株式会社からフルリモート案件を受託しました。

クライアントのソクダ株式会社は創業30年、売上70億円の卸売企業の会社で、最近の外的環境の変化により、ビデオミーティングや、チャットツールを使い始めている状況ではありましたが、フルリモートで、外部人材へ依頼することは初めての経験です。

⇒初めてのフルリモート外部委託案件につき、チャット頻度を上げる、定期mtgを設ける等厚くケアを行う

受託後、これまでやり取りしている担当者Kさんと、ZOOMを使ったキックオフミーティングを行うことになりました。

キックオフミーティングでは、業務のミッションと今月の主な業務内容の概要を共有がありました。
・主なタスクは<業務A>、<業務B>。納期は今月末

( 業務A、業務Bの特徴 )
<業務A> 担当者の納品物イメージが明確

<業務B> 担当者の納品物イメージがあいまい

業務Bについて、イメージがあいまいなまま進めてしまったことが問題、参考例の提示や適宜確認などですり合わせるべきだった

・作成した資料とその進捗状況を、今月末に報告する(ビデオミーティング)
・質問などはチャットツールを使う

次の日に、担当Kさんより追加タスクとして、<業務C>についてチャットで依頼が来ました。
テキストのみで概要レベルの依頼内容ではありましたが、あなたは、過去に同じような案件をやったことがあり、また業務工数的にも問題なかったため、受領して進めました。

業務Cについて、類似案件でありアウトプットも同等でよいと勝手に想定してしまったのが問題、過去案件の共有や必要に応じビデオでの質疑などをはさむべきだった

そして1ヶ月が経ち、ビデオミーティングで作成した資料と、進捗状況について報告しました。

⇒期待やイメージと相違ないことを確認するため初回オリエン時にできるだけ報告イメージを明確にする、適宜中間報告の機会を設けることで調整する

早速あなたが報告を始めると、担当Kさんより「<業務B>、<業務C>は依頼していた納品物のイメージが違う」という指摘がありました。

担当Kさんが一部説明不足の部分があったものの、結果的に担当Kさんが期待していたものと異なるものになってしまいました。

合格メリット

プロフィールに、リモートワーク慣れてますよ感を出すことができます。

このマークが何の意味を持つのかですが、少なくともマイナスにはならないかな、という点と、
・リモートワーク慣れてる感は出せなくもない
・いわれたことやシステムからの指示にちゃんと取り組んでいるアピールにはなる

という、社会人としてちゃんとしてますよ、を示す程度かなと思っています。

副業・複業
ちょっとだけ、頑張ってみた。