新聞広告で振り返る、11/26ってどんな日?

この記事は約2分で読めます。

2019年新聞広告

トーヨーカネツ@日経

物流ロボット「ロジボ」の商品広告です。
ロジボはさまざまなサイズ・形・重量の段ボール箱を最適な動作で効率良く積み付けることができるそうです。

検索しなくてもQRコードでスマホで簡単にその動きが見れます。
新聞から動画という流れもかなり定着してきた感がありますね。広告効果も可視化しやすいので助かります。

大和ハウジング@毎日新聞

毎日新聞のキャラクターである「なるほドリ」を活用した記事風広告です。
「なるほドリ博士」がQ&A方式で読者の質問に答えながらサービスの魅力を伝えています。

多くの新聞社にはキャラクターが存在し、読者の認知度が高いキャラクターを活用することで、より共感を持って・・といいますか、新聞の一部として読まれるので広告感が薄れます。

2018年新聞広告

バンダイビジュアル@読売

スライムが新聞紙面上の浮遊して見える!そんな楽しいギミックが盛り込まれた新聞広告です。コンテンツを中心に、アニメやスマホアプリを広くアピールしていますね。

これが新聞媒体が正しいのかどうかはさておきです。
現実的に遊べるとは思いますが、新聞読む人がターゲットなのかというと。。。

牛乳石鹸共進社@朝日

11/26、いい風呂の日です。お風呂のお伴、石鹸の広告です。

2017年新聞広告

西友@朝日・読売

西友からの宣言広告です!
戦う相手がは「他店特売のチラシ」、ということで、同じチラシではなく、新聞紙面で掲載を行い差別化を図っています。

サントリー@日経・読売

「一番好きなプレミアムビール」でNo.1に輝いた、「ザ・プレミアム・モルツ」。その喜びとお客様への感謝を紙面で伝えます。
日常のワンシーンを彩るビールだからこそ、こうした広告でブランドイメージのアップを狙います。

新聞とビール、ターゲット層のいい組み合わせです。