阪急三番街 OOH

この記事は約1分で読めます。

オープン50周年記念

“50年経っても変わらない”ありようを、テナントであるアパレルと飲食店のネタを使って表現しています。
代理店のCDなら、ブランドを育てましょう・次の50年、みたいな提案もしてそうですが、今50周年であることにフォーカスするならこの形がベストかと思われます。