SNS運用を依頼する/される時のトラブル回避方法

この記事は約2分で読めます。

SNS運用を外部委託、ないし、外部委託をお願いされる上で、お金周りはトラブルになりやすいです。

揉める、というよりは、後から運用費用をあげる交渉は難しいので、事前にSLA(サービス・レベル・アグリーメント)を決めましょう、という話です。

ポイントをまとめました。

運営

・どんな会議体が発生するのか

→weekly、monthly程度ならまだましですが、別の広告運用者との会議やプロモーション時期の別会議体など、特にリアルで参加させられると目も当てられません。

今はオンライン会議なので少しましかもしれませんが。

・会議体参加メンバーはどうなるか

報告相手のレイヤーが上がると、資料クオリティも上げなければなりません。気をつけましょう。

・連絡手段は何になるか

メール、が一番アンパイです。
slackやLINE WORKSだとリアルタイム性が求められることも・・。

電話オンリーはえぐいです。

・どの程度の頻度でやりとりが発生するのか

デイリーでお願いしたいクライアント、であればましですが、hourly、みたいな。

・誰が窓口になるのか

守ってもらえるかどうかです。といめんに営業が立てるかどうか・・

・対応時間はどうなるのか

・休日対応は発生するのか

・投稿に対する監視は必要なのか

・役割分担はどうなるのか

この辺りが、後追いフィーが請求できるかどうかと関係してきます。
できないのであれば、事前に乗せておかないとタダ働きに・・

制作(投稿)

・投稿数はどの程度になるのか

・投稿提案はどの程度の頻度でどの程度のレベルで何案必要なのか

・画像、動画などの新規制作は発生するか

通常テキストのみ、でしょうが、制作物への期待感が高いと大変です。

・リンク先のLP制作は含むのか

含むケースの方が稀ですが、無茶振りは怖いです・・

分析

・どの程度の頻度でどのような内容のレポートの提出が必要か

→これが結構重要です。余計な報告書を求められるとそれだけで手間で・・

・タグ管理などは必要か

・BIツールなどの導入は必要か

・何をKPIとして設計するか

・データ集計作業を誰が行うか

・集計後のデータは誰がどこに保管、管理するのか      

ボールを持ちすぎないように、